潜水士

潜水士の試験内容と合格点

潜水士試験の試験内容と合格点を説明しています。

トップページ > 潜水士試験内容

潜水士の試験内容

試験内容

潜水士試験は学科試験のみになり、実技試験はありません。
問題は全て5択のマークシート形式になりますので、難易度はそれほど高くないと思います。
また、過去の問題と似たような問題が多く出題されますので、過去問を理解する事で合格する事が出来ると思います。

試験内容は以下の4つの項目に分かれています。
「潜水業務 10問(30点)」
「送気・潜降および浮上 10問(25点)」
「高気圧障害 10問(25点)」
「関係法令 10問(30点)」
各項目が10問の合計40問になり、100点が満点になります。

午前中に「潜水業務」と「送気・潜降および浮上」の20問。
午後から「高気圧障害」と「関係法令」の20問が行われます。
午前2時間、午後2時間の合計4時間で行われます。試験時間には余裕がありますので、落ち着いて回答を考えましょう。

各項目の詳細

・潜水業務 
潜水業務に関する知識や危険性、事故発生時の対応などの項目です。
水圧が掛かった高気圧下での危険性や特有の現象等について出題されます。

・送気、潜降および浮上 
送気装置の仕組みや名称、点検方法や使用放送。潜降や浮上の方法や危険性が出題されます。また、深度による最大潜水時間等を別表から導く問題が出題されます。

・高気圧障害 
高気圧下で起こる減圧症やスクィーズ、浮上時に起こる肺の過膨張障害等の、高気圧下特有危険度に関する問題が出題されます。また、高気圧障害を防ぐ方法や事故時の対応の問題も含まれます。

・関係法令 
潜水作業に関連する法令の問題です。主に「労働安全衛生法令」と「高気圧作業安全衛生規則」の2つの法令から出題されます。

潜水士試験の合格点

潜水士合格点

潜水士試験の合計点は、4つの項目すべての合計点が60点以上で、各項目の点数が40点以上が合格の条件になります。

つまり各項目の1つでも40パーセント以下があると、他の項目が満点でも不合格になってしまいます。
全ての項目を理解して、苦手を無くすことが合格への近道と言えるでしょう。

問題はすべて5択の選択問題になりますので、難易度はそれほど高くないと思います。
過去の合格率は70パーセント前後ありますので、それほど難しい試験ではないでしょう。