潜水士

「高気圧障害」に関する基礎知識

潜水士試験に必要な「高気圧障害」に関する基礎知識を説明しています。

トップページ > 潜水の基礎知識 > 高気圧障害

「高気圧障害」の基礎知識

潜水業務として水中に潜ると水中特有の現象が多く影響します。
空気が無いので呼吸が出来ない事はすぐに分かると思いますが、水圧が体に受ける影響や音の聞こええ方など分かりずらい現象まで多くあります。
この陸上と水中の異なる事を理解する事で、安全に水中に潜る事が出来るようになります。

このページで理解してほしい事は以下の内容になります。
・水圧の仕組みと影響
・水圧による気体が受ける影響
・水圧による気体の溶解による影響
・水中での光の進み方や影響
・水中での音の進み方や影響
・潜水方式や潜水器について
・潮流による危険性
・浮力による影響
・水中拘束や溺れ
・特殊な環境での注意点

潜水業務で出される10個の問題は、物理に関する事がほとんどです。
苦手意識がある方も居ると思いますが、今後の問題の基礎になる部分ですのでしっかり身に付けましょう。

水圧の仕組みと影響

「潜水業務」の基礎知識

「潜水業務」の基礎知識

「潜水業務」の基礎知識

「潜水業務」の基礎知識

「潜水業務」の基礎知識

「潜水業務」の基礎知識